これまで多くの芸術家たちが自然を通して人間の存在を問うてきました。
私たちと自然の関係性において私たちは、真実に導く神のように自然に崇高さを求めたり、時に、その厳しさと闘い、また時に、自然の中に私たちは何者であるかを見出し、生き物としての根源的な存在を想起します。 私たちは自然の一部であることは言うまでもなく、どんなに文明が進化しても自然は、太古の歴史、生 命の根源と現代に生きる私たちを繋げる役割を担っています。 
一方で、今日の先進性を追い求め続ける人間の活動は、時として、私たちと自然の律動や永続性の乖離 をもたらします。また、都市や、アート作品、世界遺産、人々の暮らしや精神の中に至るまで様々な場 面で私たちの創造した人工物と自然の美しい調和が存在します。 地球が新しい地質年代「人新世」に突入したと言われる今、私たちが未来に求める風景、さらに都市の 形や人間の暮らしとは何でしょうか。絵画、演劇、舞台美術、写真、パフォーマンスなどの表現手法を柔らかく交 差させながら自然と文明の境界線を問い、現代に生きる人が持つ深層心理のイメージの表現を試みます。

 

Exploring how to create harmonies between nature and civilization is an issue for modern person as well as enjoying legacies of history and nature.That exploring ask us to look inward, to take stock of who we are and what we might become in the present day.
My primarily theme is the border where harmonize civilization with nature in present and future.
I have some researches about cities and tried to express visual images with the pictures as a focus through possible means, taking photos, performing and so on...
The images including what modern people conceive deep inside one's heart. 


 

池永梨乃

 

2015 同志社大学 美学芸術学科卒業
2012~2014 Salzburg International Summer Academy of Fine Arts ペインティングコース修学 2017~2018 京都リサーチin 福知山 レジデンス及び制作発表

2015 Graduated Doshisha University(Kyoto), aesthetic arts Department
2012 - 2014
Summer Academy of fine arts,Salzburg, Studium of Painting, with Prof. Hanspeter Hoffmann

Group show
2013 weiches Wasser, hartes Wasser /white BOX
,Munich Germany

Solo Show
2017 /Shibatacho gallery, Osaka 2018 /Shibatacho gallery, Osaka

Residency
2017-2018 ‘Kyoto Research’ residency in Fukuchiyama Kyoto