2人展「ポジティブメソッド」終了しました

9月16日から大阪、天満橋にあるART Lab OMMで開催された中島尚志(なかしまたかし)さんとの2人展が終了しました。

 

会期が1週間延期されました。

たくさんの方に足を運んでいただきまして、とても嬉しく思っています。

 

皆様に感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

トークイベントの様子

photo by 滝本章雄さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、コラボ作品も制作しました。

中島さんとは、今年の1月に出会い、同じ平面作家として共感できるところが多くありました。

そこで、ART Lab OMMの滝本章雄さんにディレクションいただき今回の2人展が実現しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左から、中島尚志さん、滝本章雄さん、私です。

 

今回も私は、歯茎をモチーフにした作品を今回何点か発表しました。

私は、歯茎を「絵になりにくい」ものとして捉えています。

でも、その「絵になりにくい」ものをどう画面の中で調理して、絵にするかということが

バランス感覚、色彩感覚など様々な自分が生きてきている中でのすべての感覚や認識が試されます。

そこに少し、今を生きている実感や死生観を問い直しながら日々発想の限界に挑んでいます。

 

 中島さんと大きく共通するところは、絵を描くと同時に絵画を通じて、自分がどこまでやれるかという挑戦をしているところです。今いるところから、どう高くジャンプできるか絵画を通じて挑戦しようとしている私たちのメンタリティを表すために

展覧会の名前は「ポジティブメソッド」にしました。

 

来てくださった方には、2人の作品が共鳴して様々な見方をしていただけました。

 

 

 

 

 

 

左:中島尚志さんの小作品

右:私の小作品

 

 

 

 

中島さんの作品の中にも面白いモチーフが頻出します。

お互いさらに制作に励みたいと思った展覧会になりました。

ありがとうございました。

第10期 東京ワンピース倶楽部展「はじめてかもしれない」

第10期 東京ワンピース倶楽部展「はじめてかもしれない」(9月8日〜9月10日@アーツ千代田3331)

コレクター様より、一点出展いただきました!

私はありがたいことに去年に引き続き2回目、参加できました。
オープニングパーティの様子をレポートします♪

 

 

 

 

ワンピース倶楽部とは、 現代アートマーケット拡大のために、楽しみながら、最低年に1作品(ワンピース)を購入する事を決意したアートを愛する人たちの集まり。現在、全国に広まり会員数は約150名!らしいです。

アーツ千代田1Fメインホールでの圧巻の作品群!

その作品一つひとつに、作家と購入者の物語があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが今回の私の作品です♪

ひまわりと菊です。

 

 

 

仲良くしていただいている、作家の山内康嗣さん浅間明日美さんとお会いできました♪

楽しい交流ができました。ありがとうございました。

 

京都Re:search in福知山

京都Re:search in福知山と題する京都府の事業で、レジデンスを経験しました。
福知山の土地をリサーチしながら、藤浩志先生や、鷲田めるろさんとのセッションを通じて

アートを通じた地域社会との関わり方、自分の作品のあり方を考え直したり、模索した2週間となりました。

 

 

 

 他のアーティストの作品をゼロから構想する場面に立ち会うのも大きな刺激になりました。

 

福知山の中心部は、城下町で立派なお城があり、歴史が色濃く残る風景での生活はちょっとロマンチックに思えます。しかし、このことは、あまり共感者がいませんでした(笑)
ザルツブルクを思い出したり・・・?


玄武岩、綺麗な池、原生林、元伊勢神社、天岩戸神社など自然を感じる場所探しには困りません。

印象的なのは、街の生垣や、家々の前に花があふれていて、実際、様々な花が育ちやすいと聞きました。

中でも、心に残ったのは、大江町のまちにあるピラミット型の山で、夏至の日に太陽が頂上に沈む話を聞いたことです。

石を祀っている神社の石を見ると、確かに神秘的に思えたり。他にも古代との繋がりを感じられる場所があります。

秘境と呼ぶにふさわしい場所が沢山あります。

福知山の自然色々・・・

 

 

 

 

街には花がいっぱい・・・!

 

  

 

 

 

FM丹波さんで、活動のPRをしたり・・・

 

 

 

最後の3日間は、2週間で行ったそれぞれの調査の報告展示をしました。街の人たちの関心度が高く、たくさんのご来場があり、来てくれた方々との活発な意見交換が行われました。

 

 

私の展示はこんな感じです。

 

Independent Tokyo 2017

 

 

 

 

 

 

 2017年19日、20日と浅草橋ちかくのヒューリックホールにてIndependent Tokyo参加していました。

120名あまりの作家が集結しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは私のブースです^^♪

今回も、たくさん刺激をうけました。これからもがんばります。

お越し下さった方、気にかけていただいた方、ありがとうございました。

作品展「シンパシー」終了しました。@シルトパットギャラリー(東京、仙川)

ESSAY
私は数分前に知り合ったおじさんと缶チューハイを片手に、亀が水にジャンプするのを今か今かとじっと見つめていた。
展示会場の横には、理髪店「カットたけし」があり、店のウインドウから亀が見えるのだ。名前はカメ子。

街の風景、新しい人を見た時に感じた印象やにおいみたいなもので、自分の遠い記憶の一部にも、同じ感覚になったことがあるものだと気付いた時、私はとてもハッとする。
自分が何らかの過程で失っていたピースが、またはまった瞬間のような感じで嬉しい。
仙川という場所は、ピースをたくさん見つけられる街だった。

展示会場は少し人の賑やかな流れに外れ通学路になっているような道にあり、夕方になると中から照明の光が道を照らしていた。

その中で並んでいる絵は、確かに自分の絵だったが、アトリエの中で見ていたものとはまるで違って見えた。
それぞれの絵は、もう私の一部から切り離され、独自で胸を張って観る人に対局していた。

この不思議な感覚に身を任せていたら、私もなぜ今ここにいるのかという気分になるが、この気持ちを丸く収めてくれる言葉は、縁というものなんだろう。

アートというものが私を、遠くへ移動させ、人と会い、また描くことが今の自分にとって生きている感じがする中心なのだ。
それは、ずっとこれまでそうでありたいと切望していたことだったので、これからも同じだろう。

美しい日がある。
毎日ではないけれど
美しい時間がある。
見れて良かった、会えて良かった。今まで生きてきた証はそれだけ
それを楽しみにまた生きていきたい。
それを描かずにはいられなくなる。


山口にいってきました♪

3月の展覧会が終わって、山口に旅行に行ってきました♪

 

右の写真は元ノ隅稲荷神社です。

海がとってもキレイでした☆

 

海を眺めていると色々考えが整理されてとっても元気がでる旅でした♪

 

夏が待ち遠しいです!

 

 

 

 

 



0 コメント

ブログはじめます♪


ブログを始めることになりました♩

毎日の制作や、嬉しかったこと、たわいもないことなどについて

書き綴っていければなと思っています。よろしくお願いします。

写真は、一昨年のPIギャラリーレセプションパーティー

0 コメント